メニュー 閉じる

カーボンボディチューブの試作

ボディチューブの試作の続き。

一応、カーボンでも作ってみた。

1.芯は25mmのステンレスパイプにクッキングシートを挟んでかぶせたもの。

2.CFカーボンブレードホース(カーボンを筒状に編んだもの)12〜40mmってやつを芯に被せる。

3.エポキシ(今回は5052)を主剤5g、降下剤1.9gを調合し、カーボンにゴム手袋をはめた手で塗りたくる。

4.ハイシュリンックピンホールテープを螺旋状に巻いて絶縁する。

5.ピンホールから滲み出てくる余ったエポキシを吸い取るティッシュペーパーを巻く

6.ハイシュリンクチューブ58mm幅を被せる

7.ドライヤーでシュリンクチューブを収縮させる。

8.そのまま1日放置して、シュリンクチューブやピンホールテープを除去。

9。芯金からクッキングシートごと引き抜いて出来上がり。

しかし、カーボンブレードホースは厚みがあり、エポキシをたくさん含むので重すぎ。4.8gと、他の材料で作った時の2倍以上の重さとなった。

2 Comments

  1. さかしたてつや

    ブレードは重いですよね。
    グラスもカーボンも20~30g/m2くらいのシートを2重巻きで使ってます。

    • hakudoh

      やはりそうですか。
      薄いカーボンシートも持ってるのですが、ほつれやすくていまだにうまく扱える見通しが持てずにいます。
      何とかうまい方法を考えて挑戦してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »