メニュー 閉じる

ボディーチューブの試作

高度競技用ロケットのボディチューブの試作。

直径25㎜以上で長さが250㎜の半分以上という条件で、できるだけ軽く必要な強度をもった筒が必要になる。

諸先輩はグラスファイバーで作ったりするらしいが、このサイズなら強度がありすぎて重すぎるように思われる。

そこで考えたのが、薄い和紙を固めてパイプを作ること。

とりあえず、画材店で一番薄そうな和紙を買ってきて、ダイソーのエポキシと水で半分に薄めたタイトボンドで固めて150㎜のパイプを作ってみた。

和紙2枚重ねをエポキシで固めたものが2.4g

和紙3枚重ねをタイトボンドで固めたものが1.4g

 

タイトボンドの方がやはりふにゃふにゃな感じだが、補強の入れ方によっては使えそうな気配。

 

2 Comments

  1. 坂下

    125kg上質紙2枚重ね(螺旋巻き)+セメダイン30分エポキシの250mm長で5.5gくらいでした。まだまだ薄くてもいけそうでした。
    芯棒からの剥離には、ダイソーでラッピング用として出してるPPフィルムか、手に入ればもうちょっと厚いのが使いやすかったです。

  2. admin

    ありがとうございます。経験者のアドバイスは本当にありがたいです。
    ダイソーのエポキシは10分硬化なので、モタモタすると固まり始めてしまいます。30分硬化のものも試してみたいところです。
    離型用絶縁材はホームセンターのクッキングシートを使いました。
    剥がれやすさは想像以上で滑りもよく、あっけなく芯材から抜けてくれました。

    ところで、坂下さんのノーズコーンはバルサ製でしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »